週5日制と授業時間数について教えてください.

       

明の星では、20年以上前からすでに、授業5日制が実施されており、中学校も授業5日制を採用しています.教育は、学校と家庭の協力によって行われるものであり、週末には生徒を家庭にお返しするという考えをもっています.普段の授業をきちんとこなすためには、家庭での予習、復習が欠かせません.週末には、平日の家庭学習で不十分だったところをじっくりと学習することができます.また、家の手伝いをしたり、のんびりと音楽を楽しんだり、家族や友人と外出するなど、一人ひとりが有意義に過ごしてほしいと願っています.
また、月に1度の土曜日を「自主の日」として、希望する生徒が学校で自主的に活動できる日にしています.部活動に打ち込んだり、図書館で学習したりすることもできます.
なお、場合によっては、それ以外の土曜日にも、部活動を行うことがあります.
授業時間は50分です.1日6時間授業が基本ですが、アッセンブリ(全校集会)やロング・ホームルームなどで7時間目のある日もあります.